ゆたかな食文化を創造する マルイチ産商

トップメッセージ

TOP MESSAGE

「変革」

マルイチ産商は1951年に、四方を山に囲まれ、新鮮な魚を求めることが困難だった長野市で水産物の卸売事業を開始して以来、時代の変化に合わせながら、ゆたかな食生活を支え、より効率的な食品の流通機能を創造し提供することを社会的使命に事業を推進し、おかげさまで2020年1月に創立70周年を迎えることができました。これもひとえに、弊社を支え続けていただいておりますステークホルダーの皆様のお陰であり、厚く御礼申し上げます。

弊社は、更なる成長と企業価値の向上を目指した3ヶ年の中期経営計画「創造2022」を策定し、2020年5月に発表いたしました。人の成長を以て変革を成し遂げ、更なる飛躍のための創造を推進すべく、「産地との強固な関係、原料からの差別化」「素材から惣菜へ」「メーカー型卸事業の推進」「中間流通コストの合理化」を大切にしたい考え方として成長戦略を立案し、実現に向けて邁進しております。

2020年前半に世界的に感染が拡大した新型コロナウイルスにより、日本や世界は未曾有の変化の時代を迎えました。その中にあって私どもは、時代を超えて不変である経営理念「食品の流通を通して社会に奉仕する」を旗印に、ステークホルダーの皆様のご期待に沿えますよう、これからもマルイチ産商グループが一丸となって、無限の可能性に挑戦し、次の時代に向けて新たな価値を創造してまいります。

代表取締役社長

平野敏樹