百花繚乱!いま、輝くマルイチの女性たち
マルイチでは、2016年に「女性活躍・ダイバーシティ推進チーム」を立ち上げ、女性が働きやすい職場づくりに力を入れています。
部署や年次の異なる4人の女性社員に、マルイチで働くことについてワイワイ語ってもらいました。
他がやらないことを実現するポテンシャルの魅力

  • 私は就活に際して、生活に身近な衣食住に関わる会社で仕事をしたいと思って企業研究をしていました。たまたま参加した説明会でマルイチを知り、社員の方々のお話を聞くうちに、卸が社会に必要とされていることを実感したことが志望動機です。先輩の皆さんが、マルイチを就職先として選んだ理由を教えてください。
  • 私は大学で栄養学を学んでいたので、長野県内で食品関係の会社に就職したいと思っていました。合同説明会でマルイチの話を聞いて、卸という業態があることを初めて知りました。地元の会社なので親しみも感じたし、幅広い分野の食品を扱っているので、いろんな仕事ができそうだと思って志望しました。
  • 私も長野の出身で、地元で就職することが希望でした。業種を絞らずに、いろんな会社を見て回ったけど、魅力的なところが見つかりませんでした。そんな時にマルイチと出会って、生産と消費を中間から支える食品卸という業界を知りました。マルイチは幅広い食品を扱っていますし、海のない長野県で、水産を主力に扱っているのは面白い会社だな、という印象を受けました。他がやらない事を実現していくポテンシャルの高さを感じたことが、志望したきっかけですね。
  • 就活の時に食品業界を志望したのは、単純に食べることが好きだったからです。でも、食品メーカーではなく、多くの商品を扱える卸に興味を持っていました。結婚・出産した後も仕事を長く続けるなら、営業の仕事だと思いましたが、当時の長野県内では女性の営業職を採用している会社は少なくて、探すのに苦労しました。でも、マルイチには4年先輩でバリバリ営業している女性の方がいらっしゃったので、安心して入社を決めました。異動でいろいろな部署の仕事を経験しましたが、女性だからといって仕事がやりにくいことはありませんでした。
女性だからといってハンデを感じたことはない。

  • 私は営業や広報の仕事を経て、いまは人事部で障がい者雇用や、人事関連の規程整備に携わっています。その中で、いま最も力を入れているのが、女性の活躍に向けた取り組みです。マルイチは、この数年間で女性の働きやすさが大きく向上したと思いますが、日常業務において女性であることのメリットやハンディキャップを実感することはありますか?
  • 私は10年間アシスタント職として事務の仕事を経験した後で、2012年に新設された登用制度を利用してキャリアアップしました。今は経営企画部の広報・IR担当として、マルイチ産商という会社の営業的な役割を果たしています。営業事務や総務経理、人事採用など、さまざまな仕事を経験してきましたが、女性だからといって働きにくさを感じたことはありません。産休や育休などの制度もかなり前から充実しています。ただ、女性社員の人数がまだ少ないので、もう少し増えるといいなと思っています。
  • 入社する時に、人事の方が気を使って「まだ女性社員の数が少ないけど、これからどんどん増やしていきます」と伝えてくれました。実際に入社して働いてみると、事務職の方はみなさん女性ですし、男性の多い職場だからといって萎縮するようなことはありませんでした。逆に、いろいろと気にかけていただいて申し訳ないくらいです。
  • 私は惣菜部門の小売店支援を経て、いまは、人事の採用担当として働いています。先輩や上司にも自分の意見を遠慮なく言えますし、女性であることのハンディキャップを感じたことはあまりありません。確かに人数は少ないけど、すぐに顔を覚えてもらえるなど、女性ならではのメリットの方が多いと思います。
女性ならではの感性を食品事業に活かしたい

  • 私は食品事業部でお菓子を担当しているので、今後は女性ならではの視点を仕事の中で活かしていきたいと思っています。課長にも、これからの食品事業は、女性の感性が必要になるから、どんどん発信してほしいと言われました。まだ期待に応えられるような発信ができていなくて、歯がゆさを感じています。そんな経験はありませんか?
  • 私も営業時代にお菓子を担当していました。女性がお菓子について提案することは、お客さまに対する説得材料になります。スーパーの売場でお菓子を買っていくのは男性ではなく、男性よりも女性が多いのだから、自分の意見にもっと自信を持っていいと思う。以前、広報の仕事でマルイチのサイトにお魚料理のレシピをアップした時も、女性としての目線が役に立ちました。
  • 小売店支援の仕事をしていた時、七夕の時期にちらし寿司に星の形をした玉子焼きをトッピングすることをお客さまに提案したら、売場で大好評でした。お客さまからも「その視点はなかった」と褒めていただけたのがうれしかったですね。今後は、仕事のいろんな場面で女性が活躍する機会が、もっともっと増えていくと思います。
  • そのためには、わたしたち女性自身が意識を変えていく必要があると思う。私は5年前にキャリアアップのチャンスをいただきました。アシスタント職の中にも、能力の高い人や知識の豊富な人がたくさんいます。社内の潜在的な女性の力を活用することも大切なことです。
  • いま私が所属している女性活躍・ダイバーシティ推進チームが発足したことは、井出さんが言う社内の女性活躍を促すという会社からのメッセージです。今年度は、キャリアアップの対象になるアシスタント職全員に面談を行って、時間をかけて話し合うとともに、直属の上司の方々にキャリアアップしてほしい方を推薦してもらいました。その結果、8名がキャリアアップしたのです。これは、制度が始まって以来、最高の人数でした。
失敗するチャンスがあるから学び、成長できる。

  • 女性が活躍できる環境は、男性が働きやすい環境でもあると思います。いま、皆さんが感じているマルイチの働きやすさ、会社としてのいいところって、どこにあるのでしょうか?
  • 年齢や職歴に関係なく、これがやりたいと言えば、挑戦させてもらえるところです。若いうちから仕事を任されるので、成長を実感できます。
  • 私は、失敗するチャンスを与えてもらっていると考えています。挑戦がすべて成功するわけではありません。実績や経験がなくても、背中を押してもらえる。たとえ失敗しても、そこから学んだことを、次のチャンスで活かすことができます。私は今まで、その繰り返しで成長を実現してきました。

  • 仕事の上でのチャンスとは違いますけれど、私のような新人でも社長と対話する機会が設けられているのは凄いことです。年に一度、社長が部署を回り、座談会をしてくださいます。私のつたない意見にもアドバイスをくださって、それがとても的確なのでやっぱり社長は凄いと思いました。
  • 確かに、大き過ぎず、小さ過ぎない適度な会社の規模感はいいところです。風通しのよさにも繋がると思います。
  • 年齢や役職に関わらず、温かい人が多いことも良いところかもしれません。個性的で面白い人もたくさんいます。
  • 確かに私の同期も個性的です(笑)。同期全員がとても仲が良く、つらい時でも頼れる仲間がいることは働く上での支えになります。
働き方の多様性は男女を問わず必要。

  • 女性が活躍できる環境は整ってきましたが、問題はお手本になる女性のロールモデルが不足していることです。みんなは将来の自分について考えたことはありますか。
  • アシスタント職からキャリアアップした先駆けとして、私が期待に応えないと、アシスタント職や女性社員全体の評価が下がってしまうと思って夢中で走ってきました。次は結婚・出産を経た後も仕事を続けて、新たなロールモデルとして道を切り拓いていけたらいいですね。
  • 結婚しても仕事を続けるつもりですが、具体的なキャリアについてまだ模索中です。今はまだ、日々楽しく仕事ができればいいと思っています。
  • 私もまだ目の前の仕事が最優先で、将来を考える余裕がない状態です。ただ、今後は更に女性が働きやすい環境になっていくと思います。時間をかけてじっくり選択していきたいです。
  • マルイチは、これからも大きく変わっていくから、期待してください。私は人事のエキスパートになって女性活躍の推進を目指していきます。キャリアアップだけでなく、長く働きたいという人がいてももちろん良いと思います。女性にとっても、男性にとっても、多様性に富んだ働き方ができる環境づくりに注力します。
先のことを考えすぎて可能性を狭めてはいけない。

  • 就活中の女子学生にアドバイスをお願いします。
  • いま就活をしている女子学生の皆さんに、女性活躍推進法が施行され、多くの企業が女性の力を活かすための環境づくりに取り組んでいます。いま就活をしている女子学生の皆さんにとっては、大きなチャンスと言えるでしょう。企業研究をしっかりして、納得できる選択をしてください。何よりも大切なのは、自分にウソをつかないことです。
  • 自分の経験からいうと、視野を広く持つようにしてほしい。私もマルイチに出会うまで卸について全く知りませんでした。限られた情報だけで決めずに、それまで興味のなかった分野の情報も集めて、いろんな業種や職種に興味を持つように心がけることが大切だと思います。
  • あまり考えすぎるのも、視野を狭めてしまうから注意する必要があります。就活時に結婚や出産まで見据えて悩む人が多いけれど、先のことはわかりません。思い通りにいかないのが人生です。時間とともに自分の考えも変わるし、会社も、世の中も変わります。早いうちから自分の可能性を狭めてしまうのは、もったいない。ライフイベントは、その時に考えればいいことです。何かをあきらめたりせずに思い切りやってほしい。
  • そうですね。考えすぎて深刻にならずに、こんな仕事をしたい、こんな社会人になりたいというワクワク感を持って就活に臨んでもらいたいと思います。高い志とワクワク感を両立して、自分が納得できるように就活してください。最後に、マルイチは、きっとあなたをワクワクさせる要素がたくさんある会社ですとPRしておきます(笑)。
▲PageTop
マルイチを知る
社員を知る
採用情報
スペシャルコンテンツ

▶MyPageログイン
▶エントリー