• 水産事業部で鮭・鱒の営業担当として、国内外の産地から買い付けた商品をマルイチの支店及び関東を中心とするスーパーへ販売しています。鮭は単純そうに見えて切り身、刺身、フレーク、イクラ、筋子など、さまざまな商品に姿を変える奥の深い商材です。食材として日本以外の国でも多くの需要があるので、注目されている魚のひとつです。
  • 私の担当はアジ、サバ、イワシなど大衆魚と呼ばれる魚です。主な販売先はスーパー、外食、加工業者で、一部の商品については輸出も始めました。水揚げされたサンマを全部買うフルアソート調達の取り組みも行っています。
  • 大手量販店を中心に畜産品の販売と新規開拓を進めています。水産に比べると畜産は首都圏の開拓が遅れているので、まさにこれからが勝負ですね。未開拓なだけに、今後成長していく余地が十分あると思います。
  • フードサービス事業では、水産、畜産から日配品、加工食品まで、あらゆる商品を扱っています。主な販売先はスーパーの惣菜部門や外食チェーン、給食関連のお客さまです。現在は業務用市場の開拓に力を入れています。

  • 従来型の卸のようにただ商品を仕入れて売るだけでは、成長を持続できない時代になった。マルイチは人が作ったものを売るだけでなく、産地と一緒になって新しい商品を作ることに注力している。自分たちの手で作った商品が売れれば利幅も大きくなる。でも、100%うまくいくとは限らない。在庫を抱えるかもしれないリスクもある。それでも、メーカー型卸という新しい業態へ挑戦することが、成長に繋がっていく。その変化を推進することが次世代リーダーとして私たちの役割だと思う。
  • メーカー型卸へのシフトは、今後マルイチが成長していくために必要な戦略。畜産もお客さまと一緒に商品を作る取り組みを始めた。ここからヒット商品が生まれれば、生産者とマルイチと小売店の3者で喜びを共有できる。調達先も広がり、幅広い畜種の中から最適なものを選んで、お客さまの要望に応えられる体制が整ってきた。
  • メーカー型を目指す一方で、もっとシェアを高めていくことも大切だと思う。流通している水産物のなかで、自分たちが関わる量を増やしていく。そのためには情報収集が大切。旬の魚が水揚げの多くなる時期はわかるけど、いつ、どこに揚がるかはわからない。だから産地と24時間体制で情報を共有して、毎日、各地の浜に何がどれだけ揚がるかを把握している。画像のチェックにLINEを使うなど、あらゆる手段で鮮度の高い情報にアクセスしている。

  • フードサービスは、鮮魚や畜産に比べるとまだ若い事業なので、これからが成長期。魚や肉はもちろん、野菜を含めた全ての商品を扱える強みを活かして、業務用市場にアプローチしています。業務用市場の規模はスーパー惣菜の何倍も大きい。ただ、温度や品質の管理など簡単には参入できない壁があった。それらをクリアして、業務用市場に初めてマルイチが踏み込んだことは、今後の成長において重要な意味がある。
  • 業務用市場は間違いなく伸びていくと思う。スーパーの売り場が飽和状態にある中でマルイチが成長していくためには、これから伸びる市場を狙わなくてはならない。消費者の動向を見ると、スーパーでも惣菜が人気で、だんだん家で料理をしなくなってきた。
  • 畜産でも、生肉と調理されたものの中間の商品が求められてくるだろう。自分で最初から作るのは面倒だけど、出来合いのもので済ませるのは抵抗があるからね。これからは、ちょっと手を加えるだけで料理になる商品の需要が高まりそうだ。
  • 今、スーパーで袋に入った千切りのキャベツを売っているけど、ほんの5、6年前までは誰もそんなものが売れるとは思ってなかった。キャベツを半分買っても余ってしまうのが少子高齢社会の実情。家族向けの3~4人分というサイズが、だんだん使い勝手の悪いものになってきている。消費者の変化に合わせた商品開発も必要だと思う。

  • 新しい商品と合わせて、新しい市場を創っていくべき。今回、サンマをフルアソート調達してわかったのは、今まで自分がスーパー向けに調達してきたのは、総水揚げ量の半分にも満たない量だったこと。もっとサイズの小さなサンマが缶詰や飼料として流通している。まだ私たちが手をつけていない市場はたくさんある。
  • サンマは市場を広げるいい例で、フルアソート調達した魚を原料にして蒲焼や竜田揚げみたいな加工食品を作れば、フードサービスが惣菜や業務用の商品として販売できる。
  • 魚と肉がうまく連携できれば、もっと強くなる。たとえば、魚肉で作ったハンバーグ。あれは鮮魚より畜産の方が売れる商品じゃないかな。

  • 確かに、水産物で作られたものを売るのに、鮮魚売場が一番適しているとは限らない。
  • そうですね。スーパーで買い物する主婦は、魚売場でハンバーグを買おうという気にならない。
  • スモークサーモンも肉売場の方がいい。逆に馬刺しは鮮魚売場で刺身の隣に置いた方が売れるかもしれない。
  • 生鮮の卸は肉だけ魚だけを専門で扱うところが多いけど、マルイチは全てをフルラインで供給できる。スーパーの売場をまるごと網羅する強みを活かせば、独自の提案に繋がるはず。
  • 昔は魚や肉の専門家がいて、個人の力で取引を拡大してきた。その知識や技術は私たちが引き継いで磨くべきものだけど、今後は各部門がリンクしながら強みを最大限に発揮して新しい市場に向かう。今まで以上に、柔軟な発想と多角的な視野が求められると思う。

  • 日本一を目指したい。少なくとも商圏を日本中に広げて、全国区で事業を展開する会社になる。既にサンマでは日本一というイメージがあるけど。
  • 水揚げ総量から見たらサンマ日本一にはまだまだです。フルアソート調達に挑戦して一歩踏み込んだので、真の日本一を目指したい。浜に水揚げされたもの全てを扱って、マルイチを通さないと調達できないくらいのシェアを目指していく。
  • 畜産事業部でも、もし日本にいる牛の大半がマルイチのものなら、相場を動かせる。今よりもっとシェアを拡大していきたい。
  • 鮮魚や畜産は見方を変えれば資源ビジネスと同じ。限られた水産物、畜産物という資源で、圧倒的なシェアを取れるかどうかが勝負の決め手だから。

  • 全国展開して日本一を目指するなら、海外を目標にするくらいの勢いがあっていい。100%を達成するためには120%を目指して練習しないといけない。
  • 魚については必然的に海外向けの買い付けや加工が増えていくはず。水産は商社的な機能が大きくなっていくと思う。
  • その頃には、さまざまな機能をもった会社が繋がった大きなグループ企業になっているでしょう。

  • 既に三菱食品さんや金沢の石川中央魚市さんと業務提携して、チームでさまざまな事業に取り組む体制を整えてきた。将来的にグループ企業として大きくなっているイメージは共感できる。
  • 今まで協力してくれた会社がグループに入ってくれれば、大きな力になるし、そこからさらにネットワークが広がっていく。
  • 調達した安くていい原料を、魅力的な商品にして販売するためにグループ化を進めていきたい。それがメーカー型卸として日本一になる道に繋がっていくと思う。

▲PageTop
マルイチを知る
社員を知る
採用情報
スペシャルコンテンツ

▶MyPageログイン
▶エントリー