浜このみの 簡単!おいしい!おしゃれなブログ

簡単!おいしい!カレンダー

2017年10月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このみのモクジ


浜このみプロフィール

浜このみ

新聞社勤務をへてフリーライターに。料理取材、料理本の編集、コラム等を手掛けるなど「食とメディア」のコーディネートを中心に仕事の場を広げる。主婦の 目線で「簡単でおいしく、しかもオシャレ」をモットーに数々のレシピを提案。著書に『今晩のおかず365日』『旬をまるごといただきます』『信州の主婦が 選んだ 人気メニューBest100』(信濃毎日新聞社)がある。「週刊まつもと」、「週刊いな」、「週刊いいだ」、「長野市民新聞」等でレシピを連載。 長野放送「土曜はこれダネッ!」にレギュラー出演。長野県カルチャーセンター講師。
塩尻市出身、長野市在住。

HOME »  浜このみの 簡単!おいしい!おしゃれなブログ

ながの笑顔クリエイター人材育成講座 参加お待ちしています

2014年 11月 16日 日曜日12:07 AM /いろいろ

清泉女学院短期大学地域連携センターでは、「ながの笑顔クリエイター人材育成講座」を開催します。

内容は、おもちゃコーディネーター育成講座、ユーモア・コミュニケーター育成講座、紙芝居演者育成講座、そして、わたしが担当するのが、

「信州食楽(しょくらく)クリエイター育成講座。

ながの笑顔クリエーター1

2ながの笑顔クリエイター

信州は美味しくて、ヘルシーな食材の宝庫です。

それを食卓にどのように取り入れたらいいのか?

さらに、信州の食を通して、いろんな人とかかわれるような、手助けになるような食のあり方も考えられたら―。

と思っています。

3回受講していただくと、「信州食楽クリエイター」としての認定証をお出ししたいと思います。

申し込み、お問い合わせは、清泉女学院短期大学℡026-295-1325まで。




北信越 秋祭りの郷土料理

2014年 11月 14日 金曜日10:38 PM /新聞, 食材のこと

全国農業新聞の仕事です。

北信越5県の主に農業委員をしている方々が、長野に集結。

秋祭りの郷土料理を披露してくれました。

なかにはあまりなじみのない食材もありますが、ほとんどは家庭料理として取り入れることができるものばかり。

そういう意味でも大変勉強になり、「こんな食べ方もあったんだ」と興味津々。

取材をすすめるうちに、各県の郷土料理にはそれぞれストーリーがあることに感激。

そこが、普通のお料理と違うところだと強く感じました。

農業新聞1

葉っぱずし完成

葉っぱずし1

↑福井県の「葉っぱずし」。マスの酢漬けとショウガをすし飯と一緒に包む、押し寿司です。

加賀てまりずし 完成

↑石川県の「手まりずし」。

加賀地方の郷土料理、柿の葉ずしを現代風にアレンジしたものです。

鮭の揚げ煮 完成

↑新潟県「鮭の揚げ煮」

たくさんのお料理に囲まれて幸せ

そのほかにもたくさんのお料理を作っていただきました。




チョコレートと魚のコラボ!意外にも?おいしいです。

2014年 10月 4日 土曜日12:50 AM /チームBABBOB, レシピづくり

1日でどのくらいのチョコレートを食べたのでしょうか?

しかも、チョコレートと自覚せずに、たくさんいただいたと思います。

というのは、マルイチ産商さんのレシピ開発チーム、チームBABBOBのメンバーで、

バレンタインを意識して、チョコレートを使った魚料理を開発しようというわけで、

みんなで1日頑張りました。

魚にチョコをコーティング

魚のフライにチョコレートをコーティングしているところです。↑

写真とりながら竹松さん

何しろ実験ですから、途中経過も写真に収めます。

経営企画部の竹松明子さん↑

ホタテにココアをまぶして

ホタテにココアをまぶして。さあ、ここからどんな料理が出来上がるのか?

これが、メンバー一押しの一品になりました。

どんな料理になったのかは、バレンタインが近づいたらお知らせしたいと思います。

最後の一品盛り付けです

最後の一品の盛り付けです。

RS部の小山さん(左)、関谷さん(盛り付け中)、そして、ホームページ等のイラストも手掛ける大造さん。

みんなチョコまみれで、疲労困憊でした。

チョコ料理勢ぞろい2チョコ料理勢ぞろい

出来上がった、チョコレート&魚の料理です。↑コロッケだけでも3種類も作りました。ホワイトチョコが入っています。

魚のチョコピンチョスエビチョコボール

↑私がコーティングしていた、魚のフライのピンチョスとエビチョコボール。関谷さん、力作のレシピです。

バレンタインの前菜にうってつけだと思います。

大人のチョコレシピチョコソース

↑チョコレートをソースに使った2品です。いずれも大人の味。チョコレートがまさに、甘さを抑えた渋くて、いい深みを出しています。

というわけで、チョコと魚のコラボなんてありえないでしょう!とメンバーみんなが思いながらも、挑戦した実験でしたが、

やってみたら、意外にも何と、すごーく美味しいのです。

こんな経験なかなかできません。一人では怖くて挑戦できません。

貴重なレシピ作りでした。みんな少しだけ童心に戻った、いい時間でした。




映画館での講演会~めぐり逢わせのお弁当~

2014年 9月 28日 日曜日11:50 PM /いろいろ

映画館で講演会をさせていただくという、貴重な体験をしてきました。

場所は私の出身地・塩尻市の「東座」。

懐かしい映画館です。頑張っている映画館です。

「東座」を経営していらっしゃる合木こずえさんは映画のコラムニストとしてもご活躍で、

今回「めぐり逢わせのお弁当」(インド映画)の上映に合わせて、お弁当をテーマにしたお話をと依頼をしてくださいました。

IMG_1584

映画館での講演会 1

映画館の大画面を使っての講演会。

料理写真も大きく映って気持ちいいです。

OLさん用弁当1完成

マルイチ産商さんのホームページ企画で掲載したお魚弁当も紹介。

↑OLさん向けめかじき弁当

漆の器弁当

↑曲げわっぱに盛った、お父さん向けお弁当。

おかずはししゃもの春巻きです。

映画館2

明るくなれば、やっぱり映画館ですよね。↑

合木さんと

講演会終了後、合木さんと記念撮影。

いつまでも、故郷の「東座」が元気でいられますように!と願いを込めて。




エビフライかエビのパエリアか!

2014年 9月 15日 月曜日2:08 AM /未分類

毎月1回、長野市民新聞に旬のととレシピの連載をしております。

今回のテーマは「エビ」です。

IMG_1343

マルイチ産商の経営企画部・竹松明子さんのエビをテーマにしたコラム。

今回は三浦哲郎の小説「盆土産」のエビフライを取り上げています。

基本エビフライ

ちょうど、敬老の日が「海老の日」として認定されているということで、

シニア世代のあこがれの食べ物「エビフライ」と今回私が提案したフライパンで作る「エビのパエリア」。

同じエビを使った料理ですが、何とも好対照ですよね。

エビのカレーパエリア

一人当たりのエビの消費量世界一の日本ならではのエビにまつわる料理は、

お節料理にもおよびます。長生きのシンボルでもあるエビ。

確かに敬老の日にもぴったりです。




サンマの季節なりました

2014年 8月 26日 火曜日1:41 PM /チームBABBOB, レシピづくり, 食材のこと

スーパーで生のサンマを見かけるようになりました。

最初はあまりにサンマが高くてびっくりしましたが、

少しお値段も落ち着いてきたのでしょうか?

サンマの季節には毎日でもサンマを食べていたいほど、

わたしはサンマが大好きです。

特に塩焼きですが、それは幼いころ、父がきれいにサンマの骨を取って食べる姿を見て、

それにあこがれ、父のマネをして自分でもきれにサンマの骨がとれるように、家族みんなの骨を取りまくった思い出につながっているからかもしれません。

食べ物って「美しい」もの。サンマは私の記憶のなかでは美しい食べ物として心に残っています。

さて、マルイチ産商の皆さんと(チームBABBOB)季節先取りで、魚レシピの提案をしているのですが、

ちょうどサンマの季節になりましたので、サンマレシピを紹介したいと思います。

このレシピは、塩焼きばかりではちょっと飽きてしまうなーとか、サンマレシピのレパートリーを増やしたいなーと思っている方にぜひ作っていただきたいものです。

まずは基本のサンマのトマト煮込みを作ります。

基本のサンマのトマト煮込み完成

今の季節なら、生のトマトを使ってトマト煮込みを作るとさらにおいしいですね。

これをいろいろな料理にアレンジ。

サンマのトマト煮込みスパゲッティ完成 1

↑サンマのトマト煮込みのスパゲッティに。

さらに

サンマのトマト煮込みドリア完成

ご飯に掛けて、チーズをのせてオーブントースターで焼けば、ドリアになります。

さらに

サンマのトマト煮込みブルスケッタ風 2

パンにのせて、ブルスケッタに。朝飯やオードブルにもいいですね。

どれもとれもおいしいですよ。

塩焼きだけでなく、こんな風に洋風レシピでも楽しんでみてくださいね。

チームBABBOBではこれからも毎月、新しいレシピをご提案していきたいと思っています。




秋冬食品・デイリー・フードサービス合同展示商談会

2014年 7月 24日 木曜日2:58 AM /いろいろ

今年の秋冬の「食」のトレンドがわかる展示商談会にうかがわせていただきました。

洋服でいうなら新作コレクションって感じなんでしょうか。

それにしてもすごーい数のメーカーさんが出展していらっしゃいました。

そして、すごーい数の食の見本市です。

興味津々でエムウエーブのなかを見せていただきました。

IMG_0829

IMG_0802

オブセ牛乳と松田牛乳。地元の牛乳やさんとのコラボ商品。

ビスケットやドーナッツ。とても評判になっているそうです(マルイチオリジナル)。

IMG_0805

今年の鍋は何味にしますか?

IMG_0807

大分の養殖ブリ「海の匠」は健在です。

IMG_0808

IMG_0809

味の素さんのブースです。鍋は今年も個食が主流だそうです。

IMG_0824

IMG_0825

チルドのパスタソースも発売されるそうです(マルイチオリジナル)

IMG_0813

長野興農さんのブースです。↑

IMG_0826

すや亀さんのブース。新発売のカレーみそはおすすめです↑

IMG_0819

スイーツも人気。(マルイチオリジナル)

IMG_0812

かんてんぱぱ、長野興農、マルイチ産商、3社のコラボでつくるなめ茸。

食べ比べもあり、わたしの好みは寒天がたくさん入った「なめ茸」でした。

IMG_0820IMG_0822

秋冬はやはりおでん種は欠かせませんね(マルイチオリジナル)




チームBABBOB結成!

2014年 7月 22日 火曜日4:20 PM /チームBABBOB, ホームページのこと, レシピづくり

マルイチ産商さんのお魚新レシピ開発チーム。

名づけてチーム「BABBOB(バブボッブ)」を結成しました。

名前の意味に深いものはありませんので、軽く流してください。

以前は、チームBという名前で活動していましたが、メンバーも入れ替わり、

「さーやるぞ!」という心意気が写真からも伝わるかと思います。

チームBABBOB

このブログでもその様子は紹介していきたいと思いますし、マルイチ産商さんのホームページには詳しいレシピも載ると思います。

ぜひ参考にしていただきたいと思うのですが、

レシピ提案はかなり前倒しです。

今回は、すでにクリスマスのメニュー提案にも話が及びました。

消費者の皆さんの暮らしのシーンをどう「食」で演出するのか。

それが私たちのチームの使命だと思いますので、

6人で力を合わせて頑張りたいと思っています。




旬のととレシピ 7月はホタテ

2014年 7月 3日 木曜日9:59 PM /新聞

毎月1回、長野市民新聞に「旬のととレシピ」をマルイチ産商経営企画部の竹松明子さんのコラムと一緒に掲載しています。

市民新聞 ほたて

この連載も、4月から2年目に入り、竹松さんのコラムの内容も食材に携わる「人」にスポットを当てているのですが、今回はわたしにスポットライトを当ててくださいました。自分のことを書いていただくのは気恥ずかしい思いですが、わたしと出会う前に、竹松さんは、この「ホタテのキウイソース掛け」のレシピに出合っていたのですね。そんないきさつから、わたしのレシピの発想法の話までを軽妙に書いています。逆に竹松さんは、わたしのことを、こんな風に考えていてくれたんだ。と、わたしの方が新鮮だったり。

人の琴線に触れるレシピ、そんなことを心に刻んで、これからも新しいレシピを考えていきたいと、コラムから元気をいただきました。

詳しいレシピやコラムはマルイチ産商さんのホームページでご覧いただければと思います。




今月の料理教室「メカジキ」を使いました

2014年 6月 27日 金曜日12:44 AM /レシピづくり, 食材のこと

なぜメカジキかというと、「メカジキは大好きでいろいろに使いたいのだけれど、仕上がりがパサパサして…どうやって調理したらいいでしょう」と長野県カルチャーセンターの生徒さんから相談を受けたからです。

生の上等なメカジキなら、パサパサはしないのかもしれませんが、よくスーパーで売られている解凍したメカジキの切り身は確かにパサツキ感がありますよね。

IMG_0328

↑一切れ約100グラムになるようにスーパーでカットしてもらいました。

そこで考えました。どうしたら、このメカジキをおいしく食べられるのか?

いろいろ試した結果、一番しっとりジューシーに仕上がるのは、ワイン蒸。しかもワインを振り掛けて、電子レンジで加熱するという、一番お手軽な方法です。

ここまでできれば、あとは好きなソースを掛けたり、タラコペーストなどを塗ったりと自由自在です。

めかじきトマトソース掛け

↑トマトとキノコのオリーブ油炒め、アヒージョ風

めかじきタラコチーズ

↑メカジキのタラコチーズ焼き

どれもぱさつき感はありません。

庶民の味方、そして、骨がありませんからこどもからお年寄りまで安心して食べられる魚です。高たんぱく低カロリー。ぜひ食卓に取り入れたいですね。




Page 5 of 21« First...345671020...Last »

Featuring YD Feedwordpress Content Filter Plugin