浜このみの 簡単!おいしい!おしゃれなブログ

簡単!おいしい!カレンダー

2017年11月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このみのモクジ


浜このみプロフィール

浜このみ

新聞社勤務をへてフリーライターに。料理取材、料理本の編集、コラム等を手掛けるなど「食とメディア」のコーディネートを中心に仕事の場を広げる。主婦の 目線で「簡単でおいしく、しかもオシャレ」をモットーに数々のレシピを提案。著書に『今晩のおかず365日』『旬をまるごといただきます』『信州の主婦が 選んだ 人気メニューBest100』(信濃毎日新聞社)がある。「週刊まつもと」、「週刊いな」、「週刊いいだ」、「長野市民新聞」等でレシピを連載。 長野放送「土曜はこれダネッ!」にレギュラー出演。長野県カルチャーセンター講師。
塩尻市出身、長野市在住。

HOME »  浜このみの 簡単!おいしい!おしゃれなブログ

節電してます!

2011年 7月 1日 金曜日11:39 PM /いろいろ,ホームページのこと

「節電」の話題がいろいろ取り上げられている昨今です。

家庭では節電することがイコール、電気料金の数字になってはねかえってきますので、

モチベーションを保つのは、そう難しくはありません。

しかし、企業という単位になると、個人の努力がどのように会社にそして、社会に貢献できるのか??を肌で感じるのは難しいのでは?と思っていました。

今日は恒例のマルイチ産商さんでの打ち合わせの日、一応暑い日です。

そして、マルイチさんではちゃんと節電を実行しておりました。

節電中

節電の一番の助っ人は「団扇」ですね。

経営企画部の竹松明子さんは、魚検定2級を持っている「とと女」です。

彼女をモチーフにした、とと女の団扇(?)も大活躍。

今日のような会議のときは団扇っていいなーと思いますが…

欠点はパソコンに向かいながら、団扇であおぎながらを同時にするのが難しいということだそうです。

節電を肌で感じるのは、額から流れる汗ってことですよね!

額の汗をぬぐっている郷道恵さん。




実験!海ぶどう

2011年 6月 30日 木曜日12:42 AM /食材のこと

友達が沖縄旅行に行き、そのお土産に「海ぶどう」をプレゼントしてくれました。

友達が「海ぶどう」の食べ方をレクチャーしてくれたのですが、

パッケージに書いてあることと合わせると、

「海ぶどう」って大変興味深い食材だと興味津々。

海ぶどう1

まず、生ものなのに、冷蔵庫に入れてはいけない、常温で保存と書いてあります。

さらに、海ぶどうにドレッシングやぽん酢などを掛けずに、小鉢に用意したそれらに、海ぶどうを付けて食べたほうがいい!と面白いことが書いてありました。それは浸透圧の関係で海ぶどうがしぼんでしまうらしいのです。

そこで実験です。

ぽん酢に海ぶどうをしばらく浸けてみました。

5分くらいたったらこんなふうになりました。実験

こんなにしぼんでしまったんです。

※海ぶどうの名前にちなんで、ぶどう柄のお皿で実験(全くどうでもいいことでした)

友人が必死に私に伝えたかった意味がやっと分りました。

さらに、冷蔵庫にも1本入れてみました。

やはり少ししぼんで元気がありません。低温には弱いのだそうです。

こんなにデリケートなのに、常温で放置しても大丈夫というこのアンバランスな感じが

いとおしくなるような食材でした。

回転寿司で食べたことがあって、面白いなあとは思っていましたが、

こんなに楽しませていただけるとは…

お土産に買ってきてくれたYさんありがとう。

ちなみに海ぶどうは、沖縄ではグリーンキャビアとも呼ばれ、正式な名前はクビレズタという海藻です。生でそのまま食べられ、少し塩味もあるので、私は何もつけずにそのままいただきました。




イカリングフライはおいしいけど…

2011年 6月 26日 日曜日12:03 AM /ホームページのこと,レシピづくり,食材のこと

8月のホームページ用レシピの締め切りは6月25日。

今日は26日ですから、締め切りが過ぎてますが、

今日中には送ります。経営企画部の竹松明子さん、ごめんなさい。

そういうわけで、私は今「イカリングフライ」を作っています。

他のレシピはできているのですが、これだけ作るのを躊躇していた理由は…

一度でもイカのフライを作ったことがある人なら経験していると思いますが、

油はねがすごいんです。

でも、今回はもしかしたらその油はねがなくなるかもしれないという期待もあります。

それは、この前のチームBのミーティングの際、RS部の林部大造さんが、

イカの油はねをしない方法というのを教えてくれたのです。

それがこれです↓

イカに切り込みを入れる

 

イカの表面に格子状に斜めに切り込みを入れるという下処理をすれば大丈夫!

というお話でした。

さらに、衣はしっかりと付くように天ぷら衣のようなどろどろのものを用意し、パン粉をしっかり付けました。

いざ、調理スタート!

林部さんを信用しないわけではありませんが、油はねガードのネットを一応使わせていただきました。

油はねガード

期待と不安に満ちたイカリングフライでしたが、

結果は、林部さんの教えは正解だと思います。

でも、気を許さず、しっかりと衣を付け、180度くらいの油を目安に、それ以上高温にはせずに…というような気配りは必要です。

揚げ油の中で小さくパチパチとイカがはじけていました。

これなら、今度は油はねガードはなくても大丈夫かな?と思っています。

レシピは8月のホームページで。

本当においしいイカリングフライでした。




落ち着く時間

2011年 6月 17日 金曜日1:00 AM /ホームページのこと,レシピづくり

今日(16日)は私の誕生日です。

誕生日がうれしい!と感じるときはかなり昔のことになりましたが、

たくさんの皆さんからお祝いをしていただくのは、

うれしいものですし、ありがたいです。

花と器

そして、もう誕生日は終わり、一つとしを重ねましたが、午前零時をまたいでの時間というのが

実は私にとってとても落ち着く時間なんです。

今もマルイチさんのホームページ用のレシピを制作中です。

料理の過程も写真におさめるので、どうしてもじっくりと集中できる時間帯でないと

料理ができません。

それがちょうどこの時間です。

午前零時、誕生日をまたいで、料理を作りながら考えたことー。

料理作ることができるー。

それは健康であるから、仕事があるから、

料理を作れる環境にあるから…。

いろいろに恵まれていると感じながら作らせていただきました。

タマネギとベーコンを炒めています

 

今作っているのは8月のホームページにアップされる料理ですが、

かなり美味しくなるだろうなーという自信作です。

出来上がりました!

出来上がりました!

やはり美味しそうです。

これを器に盛り付けて写真を撮って、本日は終了にしたいと思います。

スッピンのため私は控えめに登場させていただきました。

新しい1年も楽しく充実したものにしたいと思っています。

そして、誕生日は祝ってもらう日でなく、親に感謝する日、といわれています。

明日(正確には今日)は実家に行って、親孝行の真似事をしてきたいと思っています。

詳しいレシピはぜひ8月のホームページをご覧になってくださいね。

もちろんちょっと味見もします。

だから、なかなかやせられません。

でも、こういう時間が大好きです。

※もちろん自分の写真も自分で撮っています。

セルフタイマーを使っているのです。

よく、手がうつっている写真などどうやって撮影するのですか?という質問を受けます。

種を明かせば、ナンダってことですね。




弁当男子、誕生!

2011年 5月 20日 金曜日2:20 AM /いろいろ

お弁当の写真がこんなに届きました。

経営企画部の竹松さんを経由して、林部さんのお弁当写真です。

初めてのお弁当が5月9日。

初めてらしくていいですよね。

 

110509_初弁当

 

次が5月12日。

おっと、焼きうどんが入る変化球。

でも彩りを考えての配慮が感じられますね。

 

1105012_弁当

 

さらに5月13日はシーフードカレーが入ってます。

ミーティングでの話題も盛り込んであるんですね。

シーフードというところがお魚弁当を意識してか…

1105013_弁当

 

5月14日は「ザ・マルイチ」弁当でしょうか。

魚満載です。

でも基本の海苔弁も忘れていません。

 

1105014_弁当

5月16日は、ついに山菜らしき天ぷらも登場。

大分慣れてきた模様

1105018_弁当

そして、5月18日です

 

110516_弁当

 

いずれにしても、よく頑張ったね。林部さん。

もうプレッシャーに感じなくてもいいからね。

でも、世の男子に勇気とやる気を与えたと思います。

男子弁当らしくて、見ていてすがすがしい気分です。




弁当男子!デビューするのか?

2011年 5月 6日 金曜日1:45 AM /いろいろ

世間は連休まっただ中にもかかわらず、チームBのミーティングが行われました。

ホームページでお魚弁当をアップしています。

皆さんぜひ見てくださいね。

そんなこともあり、お弁当談義は尽きることを知りません。

そこで、私からRS部の林部大造さんにプレゼントを!

そうです、お弁当箱です。

前回のミーティングのときにも、お弁当は作ってもっていきたいけど、

「お弁当箱を自分で選んで、買って、それを持っていくのが恥ずかしい」とどうも入口付近での躊躇が感じられたので、私がプレゼントしてしまったら、しかもこのような公の場でお弁当箱を公表してしまったら一歩を踏み出せるのだろうか??と思いプレゼントしてしまいました。

お弁当男子1

 

弁当男子2

林部さんは大変喜んでくださって、何を入れようかな??何が作れるのかな?と考えはじめました。弁当作りの先輩、竹松明子さんと郷道恵さんは、「ご飯の上にキャベツと目玉焼きをのせたらどう?」とか「最初はのり弁から」などいろいろアドバイスをしていましたが、どうなるのでしょうね。

林部さんにすごーいプレッシャーを与えてしまったのでしょうか??

次回のブログで林部さんのお弁当の写真が公開できたら嬉しいなと思っています。

本当にお弁当って奥深いものですね。




さくらが満開です!

2011年 4月 20日 水曜日11:56 PM /ホームページのこと

うちの近所の桜もそろそろ満開!といったところです。

満開のさくら1

 

満開のさくら 2

近所でこのように綺麗な桜が見られるので、わざわざ遠くまでお花見に行かなくても!とあえて桜見物には行かないのですが…それにはもう一つわけがあって…

ひどい花粉症だからです。

外でのお花見はもってのほか、外でお花見をしている光景を見るだびjに、この人たちは花粉症ではないんだなーとうらやましく思います。

でも、ぜひ、お花見にはお出かけください。

できれば、今ホームページにアップされている「お花見ピクニックサンド」などを作っていかれることをお薦めします。簡単で珍しいパン料理をたくさん紹介しています。

お花見ピクニックサンド 完成




お弁当の思い出!いろいろ

2011年 4月 15日 金曜日11:34 PM /いろいろ

前回のブログで、私の高校時代のお弁当のおかずに納豆が入っていた、という話を書いたところ、いろいろな方から、「珍しい」「信じられない」「よくいじめられなかったね」などなど…いろんな感想をいただきました。

チームBのミーティングでもそれが話題になり、お弁当の思い出話に花が咲きました。

経営企画部の竹松明子さんにとってのびっくりした友人のお弁当は「うどん」だそうです。

焼きうどんが入っているのではなく、ゆでたうどんをめんつゆであえたようなものが、お弁当箱いっぱいに入っていたのだとか。RS部の郷道恵さんは「カレー」。

そして、私、(納豆以上に驚きのものがあるのか?)という感じでしょうが、私にとっては納豆よりも驚いたのが、「みたらし団子」「かしわ餅」といった和菓子のたぐいが、デザートとしてでなく、お弁当のおかずの場所にちゃんと入っていたお弁当を見たときでした。

と、思い出話はこのへんにして、最近一人暮らしを始めたRS部の林部大造さんが、今度はお弁当作りにチャンレンジするそうです。竹松さんや郷道さんはすでに毎日自分でお弁当を作っているベテランで、何をどのように冷凍すると早くお弁当が作れるのがなどを指南。

例えば、卵焼きは一度に焼いて、切って一回分ずつ冷凍。そのままお弁当に入れると保冷剤代わりにもなるとか。お弁当にすべて詰めて、お弁当ごと冷凍して、食べる寸前に電子レンジでチンするホカホカのお弁当が食べられるとか…

また、お弁当箱で最近気になっているのが、細長いお弁当箱。売り場には細長いものばかりがおいてあり、どうしてだろう???と不思議に思っていたのですが、これは、薄いビジネスバッグにもコンパクトに入れられるお弁当箱だったんですね。林部さんが教えてくれました。

なるほど!!車で移動する生活がほとんどの私には、満員電車とかバスなどを利用する人達の気持ちが全くわかっていなかったと反省しました。

これが↓スマートでコンパクトなおべんとう箱です。でも意外に量は入ります。スリムなお弁当箱




お弁当シリーズ始まるよ!

2011年 4月 11日 月曜日9:50 PM /ホームページのこと

もう4月です。

新年度がスタートしました。

新年度になって、生活環境が一変した方も多いと思います。

主婦同士の軽い話題の中には、「今年からお弁当を作らなくちゃならないから、大変!」

という話をよく耳にします。

そうです。

お弁当は本当に大変です。

なぜ大変かというと、

①すぐに食べるわけではないので、冷めてもおいしくないといけない

②持ち運ぶので食中毒など衛生面での気遣いが必要

③多くの人の目にさらされることも多いので、彩りや盛り付けにも気を使う

④少しでいいのだけれど何種類もおかずがほしい

⑤毎日お弁当を作る場合は、常にお弁当にもつかえるか?とお弁当のことが頭から離れない

など、など書き始めればきりがありません。

ここで私の高校時代のお弁当にまつわる思い出話。

私のお弁当のおかずには、納豆が入っていることが多く、

それを珍しがった男子が「浜のお弁当には納豆が入ってから見てこいよ!」という感じで話が広まり、お昼の時間には常にだれかしら私のお弁当を見に来る男子がいました(女子は意外にも珍しがらなかったのが不思議)。

今思うと臭いとか、衛生面とかいかがなものなのかと思いますが、

恥ずかしいとか、嫌だとかという特別な気持ちもなく、「おいしいよ!○○くんも今度入れてもらえば」なんてのん気なことを言ってました。

お弁当は母が作ってくれていましたので、今思うと毎日のお弁当作りが大変だったってことでしょうか??

というわけで、近いうちにお弁当シリーズ1回目がホームページにアップされると思います。

題して「お魚弁当」です。

お弁当作りで困っている方がいたらぜひ参考にしていただければと思います。

さあ、作るぞ!という意気込みでとりあえず、器をいろいろ探してみました。

弁当箱いろいろ




いつもの暮らしに感謝

2011年 3月 31日 木曜日1:09 PM /未分類

あの地震が起きたのは3月11日の午後。

それはちょうど恒例のマルイチ産商さんのホームページの企画会議をマルイチ産商さんで開いていたときできた。

RS部の林部さんは、律義にもホワイトデーのお返しを下さったり、4月からのチームBの新しい活動について提案したり、もっとアクティブに活動しようよ!というような話をしていたときでした。

確かに揺れました。

今まで味わったことのない揺れではありましたが、

その時には、まさかここまでの被害になるとは、だれも思わなかったと思います。

被災者のことを思えば…今までの自分の暮らしは反省することばかり。

衣、食、住足りていることに満足というか、感謝しなければと思う毎日です。

地震で揺れているときも、マルイチの社員の皆さんは、すでに事の重大さを予知したらしく、

今後の魚類や加工食品のことを心配されていました。

私の友人で志賀でホテルをやっている人は、お客さんのキャンセルが続き、大変な損害を受けているようです。

被災者ではなくても被害者はたくさんいるのですよね。

明日から4月です。

新入学など喜びの場面に加え、それぞれがいろいろな局面で向かえる新年度になりそうです。

このブログは主にお魚を中心にした話題をこれからも掲載していきたいと思っています。

そういう意味でも、津波で奪われた素晴らしい漁場、漁港の復興を心よりお祈りして、

今後も続けていきたいと思っています。

浜 このみ