テレビの仕事, 食材のこと

簡単!おいしい!カレンダー

2017年3月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このみのモクジ


浜このみプロフィール

浜このみ

新聞社勤務をへてフリーライターに。料理取材、料理本の編集、コラム等を手掛けるなど「食とメディア」のコーディネートを中心に仕事の場を広げる。主婦の 目線で「簡単でおいしく、しかもオシャレ」をモットーに数々のレシピを提案。著書に『今晩のおかず365日』『旬をまるごといただきます』『信州の主婦が 選んだ 人気メニューBest100』(信濃毎日新聞社)がある。「週刊まつもと」、「週刊いな」、「週刊いいだ」、「長野市民新聞」等でレシピを連載。 長野放送「土曜はこれダネッ!」にレギュラー出演。長野県カルチャーセンター講師。
塩尻市出身、長野市在住。

サンマでオシャレ丼作りました~フォーカス信州見てね!

2016年 9月 14日 水曜日1:06 AM /テレビの仕事, 食材のこと

9月16日(金)NBS長野放送、午後7時~「フォーカス信州」

今回は丼特集。ぜひごらんください!!

お笑い芸人「こてつ」のお二人と長野放送、小宮山瑞季アナ、前回のパスタ特集のメンバーで、

今回は丼に挑戦です。

まず、マルイチ産商さんでは、旬のサンマを小宮山アナがゲット!

IMG_0579IMG_0583

さて、このサンマを使ってどんな丼を作るのか?

悩みましたが、自信作です。

IMG_4852

さて、調理の撮影がスタートです。

IMG_3288

小宮山アナと二人で作りました。

このほかにも、定番丼と究極丼をご紹介します。

さらに

おいしい丼のお店にも取材に行きました。

IMG_8479

いいお話しも伺えました。

IMG_4366

丼一つ一つ丁寧に撮影しています。

心がこもっています。

そして、みんなで反省会を兼ねて丼パーティー。

IMG_1884IMG_6890

そして、ナレーションは、長野放送、上小牧アナウンサー。

IMG_7713

それぞれが、全力投球した力作です。

ぜひ、ご覧くださいね!




魚料理満載 NBSまつりにぜひお越しください

2016年 9月 9日 金曜日11:31 PM /いろいろ, テレビの仕事, 食材のこと

9月10日、11日、長野市エムウエーブでNBSまつりが行われます。

わたしは長野都市ガスブースで料理の実演をします。

試食もご用意してます。(各回30人)

▽10日は12時30分、14時30分

▽11日は13時、15時です。

また、ステージイベントにも出演。

▽10日は11時30分ころから、NBSまつりの生中継番組に出演します。

平松アナと一緒に、平松アナの出身地静岡県の特産品お茶とアジ、そして信州のおいしいリンゴを使ってのコラボ料理です。試食もありますよ(先着20人)。

▽11日は小宮山アナと信州うえだ、真田をテーマにした料理を作ります。

こちらも試食があります(先着20人)

というわけで、今日は、ステージイベントのリハーサルでした。

IMG_4994

IMG_4997

IMG_5011

そして、これから試食作りに取り掛かります。

サンマとアジは三枚におろしました。

IMG_4963

ここからどんなお料理が出来上がるのか?

自信作ばかりです。

ぜひ、会場にお越しください。

お待ちしております。




長野市民新聞 旬のととレシピ スルメイカ

2016年 8月 9日 火曜日2:13 AM /新聞, 食材のこと

IMG_4959

今月の長野市民新聞、旬のととレシピは「スルメイカ」。

セロリと一緒に炒めものにしました。

スルメイカのワタを調味料代わりに使って仕上げます。

特におつまみにはたまらない一品です。

毎回、とと百科と題して魚のコラムを書いてくれているのは、

マルイチ産商経営企画部の小川和輝さん。

とてもためになる内容で、その中で出題される「ととクイズ」も楽しい。

初夏からとれる小ぶりのスルメイカの別名は?

さて、みなさんおわかりでしょうか?

答えは「麦イカ」でした。

イカとセロリの炒め物完成

↑スルメイカとセロリの炒め物




旬のアジと信州の郷土料理をドッキング

2016年 7月 3日 日曜日1:53 AM /テレビの仕事, レシピづくり, 食材のこと

IMG_4952

NBS長野放送の土曜はこれダネッ!とマルイチ産商さんがコラボ。

おこのみクッキングのコーナーで今が旬のアジを使ったお料理を作るために、

末吉くんがマルイチ産商さんで、アジをゲット。

IMG_4951

素晴らしいアジをご提供していただきました。

IMG_4957

アジと信州の北信濃の郷土料理「やたら」をドッキング

IMG_4954

IMG_4955

こんなに身の厚いアジを調理したのは初めてです。

塩、コショウ、小麦粉をまぶして、フライパンでソテー

IMG_4956

「アジのやたらソース」の完成です。

「やたら」とトマトソースを合わせて、イタリアンやたらを作り、アジのソテーに添えました。新感覚のソースか出来上がりました。いろんな意味でいいコラボでした。




ウニ、信州サーモンのパスタ~フォーカス信州~

2016年 5月 8日 日曜日11:51 PM /テレビの仕事, 食材のこと

金曜日の午後7時、フォーカス信州で「パスタ特集」(NBS 長野放送)が放映。

そのなかで私が究極のパスタとして考案したのが「ウニと信州サーモンのパスタ」です。IMG_4939

マルイチ産商さんで、小宮山アナがおいしいウニをゲット

IMG_4940IMG_4941

信州サーモンは山ノ内町の児玉養魚場さんでゲット

IMG_4942

信州サーモンはワサビをたっぷり入れて漬けにします

IMG_4943

ウニには生クリームを入れて隠し味はしょうゆ

IMG_4946

究極のパスタ

ウニとサラダ仕立ての信州サーモンのパスタ完成でーす!

IMG_4947

小宮山アナと試食

☆フォーカス信州フォトライブラリー

IMG_4452

IMG_4450

IMG_4482IMG_4484IMG_4487

最後はパスタをいただきながら、みんなでパーティー

こてつのお二人と小宮山アナ。

素晴らしい食材のご提供ありがとうございました。

そして、Yさん宅をお借りしての撮影でした。

ありがとうございました。




漆楽レストラン 蓼科~秋~

2015年 9月 30日 水曜日12:00 PM /いろいろ, 未分類, 食材のこと

9月のシルバーウイーク。漆楽(うるしら)レストランを開催しました。

連日大勢の皆さんにおこしいただき、本当にうれしい毎日でした。応量器正

和室にもテーブルを

↑今回は和室にもテーブルをおきました

信州サーモン

↑前菜3種

信州サーモンたくさん

↑この信州サーモンは、7月に開催されたマルイチ産商フードソリューションに出店されていた、安曇野の養魚屋さんのものを使わせていただきました。

揚げ野菜

ビーフシチュー2パン今回のメーンはビーフシチュー

えごまの塩むすび

わたしの一番のお気に入りはえごまの塩むすび

スイーツ

↑パティシエの稲垣さん渾身のスイーツ

スパイシーシフォンとフルーツアイス。栗の渋皮煮までのってます。

えとうさん

小川さん

来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

来年、蓼科に桜が咲くころ、また、お会いできればいいなーと思っております。




NBSまつりでは、女子アナとコラボ

2015年 9月 14日 月曜日2:03 AM /いろいろ, レシピづくり, 食材のこと

9月12、13日、エムウエーブでNBSまつりが開催されました。

今度は長野放送の女子アナの皆さんとのコラボです。

3人の女子アナの皆さんの出身地にちなんだ料理を一緒に考案して、一緒に作り、来場した皆さんに召し上がっていただきました。

IMG_4198

レシピを考えるうえで、新しい切り口を課題としていただいたので、新鮮なレシピを考えることができたなーとわくわくの2日間でした。

IMG_1764

IMG_1763

小宮山アナは上田市出身。えごまの入った山の幸ちらしを作りました。↑

IMG_1772

IMG_1767

↑西方アナの福岡をイメージしたメニューです。鯛やめんたいこを使いました。




長野市民新聞 新連載スタート

2015年 4月 7日 火曜日12:34 AM /新聞, 食材のこと

IMG_3252

旬のととレシピのコラムの部分ですが、マルイチ産商の竹松明子さんに代わって、

経営企画部の小川和輝さんが担当することになりました。期待のニューフェイスです。

タイトルも「とと百科」に変わり、毎回ととクイズを入れるなど、工夫を凝らしています。

ちなみに4月のテーマは「マダイ」。

私のレシピは、「マダイと野菜のレンジ蒸し」。

そして、ととクイズは、七福神の恵比寿様がもっているタイの種類は?というもので、

正解はご想像の通り、マダイです。タイと名前のつく魚は200種以上あるとか。びっくりしますね。

そして、イラストは引き続きDAIZOさん。

__

左がDAIZOさん、右が小川さん

これから、このお二人と一緒に紙面作りをしていきたいと思います。

よろしくお願いします。




スズキのレシピ 2品

2015年 3月 20日 金曜日12:20 AM /ホームページのこと, レシピづくり, 食材のこと

スズキの旬はまだまだ先ですが、レシピの提案はすでにとしての始まっています。

なかなかスーパーの店頭でスズキを見る機会はありませんが、

今回は特別にマルイチ産商さんに用意していただきました。

スズキ 切り身

この切り身を使って、まず、夏野菜とスズキのオーブン焼きを作りました。

長ネギのレモンソースを掛けて召し上がっていただきます。

スズキのオーブン焼き ネギだれ掛け 完成

もう一品は。昆布〆です。

スズキの昆布じめ

一昼夜昆布〆したものを魚焼きグリルで焼きました。

スズキの昆布じめ、完成

昆布〆という料理の手法。保存しつつ、さらに魚を美味しくする。

本当に素晴らしいものだと思います。

スズキに限らず、白身の魚なら、どちらの料理もおいしく作れるます。

詳しくはマルイチ産商のホームページをご覧ください。




信州サーモンのルーツをたずねる旅

2015年 2月 17日 火曜日11:56 PM /新聞, 食材のこと

長野市民新聞、旬のととレシピの3月のテーマは長野県を代表する食材の一つ、「信州サーモン」です。

そこで、マルイチ産商の竹松明子さんと一緒に、信州サーモンを養殖している養魚場に取材に行くことになりました。

目指すは木島平にある、児玉養魚場。雪も降ったばかりで、さぞかし雪深いだろうと想像はしていましたが、さすが雪になれた土地柄、その雪対策にもびっくりしました。

大量の水に驚く浜さん

まず、私が写真におさめているのは、この道です。

融水、湧水 これは道

まるで川のようですが、これは道で、湧水を使っての融水ということになります。

そして、たどりついた、信州サーモンの池。

池をバックに笑顔の浜さん

本当に美しい景観、綺麗な水のなかに信州サーモンがいました。

そして、詳しいお話は、児玉養魚場の児玉社長のご自宅で。

別件でちょうど訪れていたマルイチ産商の小林さん、上原さんもまじえて、

素敵なお話を伺うことができました。

マルイチさん、小林さん上原さん

竹松さん 取材中児玉社長

取材する竹松明子さんと、児玉善郎社長。

お話のなかで、一番心に残ったのは、

信州サーモンが誕生したことで、養魚をやめようと思っていた人たちが、もう一度やる気になり、さらに、それを受け継ごうという後継者も出てきたということ。

ただ美味しいとか美しいだけでなく、信州サーモンの登場は、多くの人の人生をも変えることになったのだそうです。

そして、児玉養魚場の3代目になる児玉隼人さん。↓

私が持っているのはまぎれもない信州サーモン。

3代目と 信州サーモン

出荷直前の信州サーモンです。↓まっもなく出荷の信州サーモン

大き目の信州サーモン

ちょっと大き目で2キロ以上はあるそうです。

3代目にさばいていただきました信州サーモン半身

外見からは想像できないくらい美しい色にびっくり。

私も今まで、レストランの定番メニューとして、お刺身で使っていたのですが、

実際に、どう育てられているのかをみることができ、

信州サーモンもやはり、信州の美しい自然の恵みなのだということを実感しました。

海なし県の信州なのに、作り手の真摯な情熱と自然の恵みで、こんなにおいしい魚が食べられるんだなーということに、ものすごく感激した、女二人旅でした。




Page 1 of 812345...Last »

Featuring YD Feedwordpress Content Filter Plugin