浜このみの 簡単!おいしい!おしゃれなブログ

簡単!おいしい!カレンダー

2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

このみのモクジ


浜このみプロフィール

浜このみ

新聞社勤務をへてフリーライターに。料理取材、料理本の編集、コラム等を手掛けるなど「食とメディア」のコーディネートを中心に仕事の場を広げる。主婦の 目線で「簡単でおいしく、しかもオシャレ」をモットーに数々のレシピを提案。著書に『今晩のおかず365日』『旬をまるごといただきます』『信州の主婦が 選んだ 人気メニューBest100』(信濃毎日新聞社)がある。「週刊まつもと」、「週刊いな」、「週刊いいだ」、「長野市民新聞」等でレシピを連載。 長野放送「土曜はこれダネッ!」にレギュラー出演。長野県カルチャーセンター講師。
塩尻市出身、長野市在住。

HOME »  浜このみの 簡単!おいしい!おしゃれなブログ

丘の上のレストラン清泉 オープン

2017年 6月 10日 土曜日11:23 PM /イベント, 新聞

清泉女学院大・短大では、今までも、一般の方々を対象にした料理教室を開催してきました。

今年はそこに、「こども食堂」をプラス。

さらにパワーアップした講座になっています。

こども食堂(丘の上のレストラン清泉)には、長野市内を中心にした、親子、小学生チームなど約30人の皆さんが参加してくださいました。

そして、料理教室の生徒さんたちは、いつもの倍の量のお料理を作り、こども食堂に来てくださった皆さんに振る舞ったのです。

「こども食堂」という言葉、最近よく耳にされると思いますが、このレストランでこだわっているのは、マナーや文化。さらには、食べるってとても楽しいってことを感じてもらえることです。

そして、提供する側も、喜んで食べてもらえる笑顔というご褒美を頂戴します。

料理教室の生徒さんや親子、学生ボランティアやスタッフなど、総勢80人が一堂に会して食事をする光景は圧巻でした。

継続こそ力。これからもいろんな立場の皆さんに喜んでいただけるレシピを作っていきたいと思っています。

そして、食材を提供してくださった、多くの皆さまに感謝、です。ありがとうございました。

メニュー 清泉清泉 メニュー

初回、丘の上のレストラン清泉 メニュー↑

清泉こども食堂 1

IMG_3721

↑6月5日付け信濃毎日新聞社の記事です




長野市民新聞 旬のととレシピ カツオ

2017年 5月 9日 火曜日11:26 PM /新聞, 食材のこと

5月の長野市民新聞、旬のととレシピは、カツオです。

マルイチ産商経営企画部の井出亜矢さんの「とと百科」によると、

今で言う「カツオのたたき」は江戸時代では内臓の塩辛「酒盗」のことなんだそうです。

IMG_5991

ということで、今回は現代のカツオのたたきを自分で作ってみましょう!

というレシピです。野菜をたっぷりと使って、サラダ感覚で召し上がってくださいね。

たたき完成1




撮影終了!新刊レシピ本が7月に出ます!②

2017年 5月 5日 金曜日10:38 PM /本づくり, 食材のこと

本チラシ

レシピ本のタイトルは「いちどで覚える フライパンレシピ」。

一度作れば覚えてしまう、それが一番のスピードクッキング。

買い物も、メモなしでラクチンです。

そして、使う道具はフライパンだけ。

フライパンは、とびぬけて優れた魅力的な調理道具です。

フライパンだけで、ほぼ何でも作れます。

こんなコンセプトをわたしのたくさんのレシピのなかから、見つけ出し、かたちにしてくれるのが、編集者のお仕事の一つ。

フライパン、そして、いちどで覚える(いちおぼレシピと呼んでください)を見つけ出してもらえたことに感謝してます。

レシピの中身を少しだけご紹介しましょう。野菜はもちろんなんですが、魚料理が多いのも特徴の一つだと思います。

シラスのサラダワカメのキッシュ

シラスのサラダ↑                     大好きなワカメのキッシュもフライパンで作っちゃいます。↑

ホタルイカ 完成ホタルイカスパゲッティ

ホタルイカの旬も大切にしたいですよね!

スルメイカイカメシ 完成

スルメイカがちょうど手に入りにくい時期でしたが、何と撮影前日にスルメイカ、見つけました!!




撮影終了!新刊レシピ本が7月に出ます!①

2017年 5月 3日 水曜日10:00 PM /レシピづくり, 本づくり

昨年の夏から構想を練り、料理の撮影を重ね、すべての撮影が終了しました。

あとは、編集の山崎紀子さん(信濃毎日新聞社)、デザイナーの宮原あやさんが中心になって、いよいよ本というかたちになっていきます。

発売は7月中旬。

料理の撮影はとても楽しい時間でした。

今までのレシピ本は自分で写真を撮っていたので、このように集団でタックを組んでお仕事する醍醐味を初めて味合わせていただきました。

撮影現場 3

撮られるのは苦手!ということですが、実物以上に美味しい表情をとらえてくれた、カメラマンの山田毅さん。↑

撮影現場2あやさん紀子さん

緊張感ありながらも楽しい現場です。          デザイナーの宮原さんと、編集者の山崎さん↑

盛り付けも考えて柄澤さんと

山盛りのお料理本チラシ

1回の撮影でできるお料理は大量です。これはほんの一部。

でもスタッフがみんな食いしん坊なので、無駄にせず、みんなで楽しくいただきました。

至福の時間です。(つづく)




卒業!出会いがあれば…長野県カルチャーセンター

2017年 4月 28日 金曜日9:57 PM /いろいろ

私の全くのワガママなのですが、今月で長野県カルチャーセンターを卒業することにさせていただきました。

昼のクラス、夜のクラス、男性のクラスと全部で5クラス、約80名の皆さまとのお別れ、そして、10年間お世話になったカルチャーセンターのスタッフの皆さまや調理教室ともお別れです。

別れは寂しいもので、だったらそのままでもいいじゃない?とも自問自答もしましたが、

10年を節目として、卒業を決めました。

卒業試験は厚焼き卵。

受講生のおひとりがぜひ厚焼き卵を上手に作れるようになりたいと仰って、

とても難しい試験だなーとは思いましたが、挑戦しました。

皆さん用にフライパンもたくさん用意しました。

フライパン

厚焼き卵といえば、お弁当。お弁当作りが最後の授業となりました。

カルチャーお弁当

そして、驚いたことに一人も失敗することなく、見事な厚焼き卵が完成しました。

卒業試験、というのは、わたしにとっての試験です。

一応合格を頂いたということにさせていただきます。

気持ちを込めて、丁寧な仕事をすると、たとえ初めてであっても、上手くいくものなんですね。

ビギナーズラックという言葉がありますが、そんな生徒さんがたくさんいらっしゃいました(笑い)。

改めて、初めて挑戦するときの気持ちってとても大切だと感じた次第です。

皆さんからいただいたお花

生徒の皆さん、おひとり、おひとりの温かいお心遣いに感謝です。

また、いろんなところでお会いできると思ってます。




旬のととレシピ 長野市民新聞 マダイ

2017年 4月 9日 日曜日4:30 PM /レシピづくり, 新聞

4月長野市民新聞のテーマは「マダイ」です。

4月になると、何かとお祝いやお花見など、人が集まる機会が多いですね。

そんなときにぜひ作ってほしいのがこの「フライパンで作る 鯛ご飯」です。

鯛のお刺身を使うので、骨や皮を取る必要もありません。

IMG_5990

鯛ご飯 1

フライパンで10分ちょっとで炊き上げます。

だしの代わりに塩昆布と刻み油揚げ。

ほぐしたときの鯛のふっくら感は絶品です。

鯛ご飯 完成

三つ葉とイクラでぐっとおもてなし料理になります。




旬のホタルイカであんかけ焼きそば~土曜はこれダネッ!~

2017年 3月 28日 火曜日2:09 PM /テレビの仕事

店頭にホタルイカが並び始めると「春」を感じます。

ホタルイカは旬を感じることができる、数少ない食材の一つです。

NBS長野放送、土曜はこれダネッ!で、お笑い芸人末吉くんとクッキング。

もちろん、見事なホタルイカの提供はマルイチ産商さんです。

すえきちきんと

ホタルイカとアスパラ

海の旬ホタルイカと、里の旬を迎えるアスパラガス↑

スタッフの皆さんのなかで話題になったのが、ホタルイカの目を取るか取らないか?

コリっという目の食感が好きな方は別としても、一応、目を取るのが丁寧なホタルイカの下処理です。

ホタルイカのやきそば

ホタルイカのあんかけ焼きそば、完成で~す。




石川県・長野県の食材を使って「素朴に美食会」

2017年 3月 14日 火曜日2:27 PM /イベント, 食材のこと

長野県調理師会で主催した、石川県・長野県「素朴に美食会」にお招きいただきました。

北陸新幹線延伸でより身近になった、石川県の食材と長野県の食材を使った、見事なお料理を堪能させていただきました。

長野県でまかなえないものといえば海産物。その海の幸をふんだんに使いながら、長野県の食材のよさも表現されていました。

料理をしてくれたのは、浅間温泉枇杷の湯内にある「草創庵」のご主人でもあり調理師会の専務理事でもある草間民安さん。

IMG_3381

IMG_3385

マダイと信州サーモン。わさびの花も添えられていました。↑

まさに石川県と長野県のコラボですね。

IMG_3382

信州プレミアム牛に巻かれているのは、すんき漬け。

細やかな心配りを感じました。




旬のととレシピ 長野市民新聞 ホタルイカ

2017年 3月 8日 水曜日2:03 PM /新聞, 未分類

3月の旬のととレシピ(長野市民新聞連載)のテーマは、ホタルイカ。

マルイチ産商経営企画部の井出亜矢さんとのコラボです。

IMG_3368

井出さんのコラム、いつも素直なタッチで、特にクイズの出題が面白いのです。

今回は、ホタルイカが青白く美しく光る理由は何?というものです。が、正解は選択肢3つとも正解。

それだけホタルイカが光る理由があるのですね。(内容はホームページ参照)

それから、栄養価も高く、5匹食べると、1日に必要なビタミンAが摂取できるそうで、私は最近ビタミンA摂取過多状態なんですね。

というわけで、今回のホタルイカのお料理、チンジャオロース風の中華炒めです。

ホタルイカのワタが調味料になって、とても味わい深くなります。

ホタルイカのオイスターソース炒め完成




銀座NAGANOでクッキング トマトジュース・なめ茸

2017年 3月 4日 土曜日2:09 PM /イベント

銀座NAGANOにやってきました。

常連のお客様も多く、人気の様子がうかがえました。

今回は長野興農さんと全農長野さんのコラボ。

まだ旬の野菜が出回らない長野ならではの、トマトジュースやなめ茸を使ったレシピです。

とはいえ、スープに使ったアスパラガスは、ハウス栽培ですが、長野県産です。

なめ茸は皆さんご存知のようでしたが、料理の調味料&具材として使うアイデアに、「これからいろいろに使ってみたい」というお言葉を頂戴しました。

目から鱗のレシピをこれからも考えていきたいと思った時間でした。

IMG_3416IMG_3418

IMG_3417

IMG_3419

それにしても、銀座NAGANOのスタッフの皆さん、毎日このようなイベントを展開しているのはすごいです。

裏方の皆さんの支えあってこその、銀座NAGANOだな~と。感謝です。




Page 1 of 21123451020...Last »

Featuring YD Feedwordpress Content Filter Plugin